21世紀になって歯科医療が変わってきました。
歯科医院の役割が、「治療」から「予防」へと変わりつつあり、予防意識が高まっています。
予防歯科医療の実践のためには、お口の中の危険因子だけではなく、
病気の発症・進行に強い影響力をもつ環境因子にも注意を払いたいものです。

あゆみ歯科では、患者さまの生活習慣や歯科的知識に加え、ストレスやブラッシングの習慣など、患者さまの日常を知り、
必要ならその日常を変える心構えで、山あり谷ありの患者さまの人生に寄り添いたいと願っております。

そして、「人生の終わりまで美味しく食べられましたよ」と言っていただけるように、
スタッフ一同一生懸命に取り組んでおります。



定期検診


治療よりも予防を!

定期検診の重要性

一生自分の歯と付き合っていくために

定期検診でお口のメンテナンスを続けましょう

歯というのは身体のなかでも自然治癒力のない唯一の組織。期間限定の治療が難しく、治療を重ねれば重ねるほどもろくなります。健康状態を維持するには、治療が必要になる前にメンテナンスすることが大切なのです。

メンテナンスのために歯科医院へ積極的に通いましょう。

あゆみ歯科は、患者の皆さまと一生おつきあいさせていただくかかりつけ歯科医院です。


定期検診を推奨しています

あゆみ歯科では、治療終了時に、次回の定期健診に適した推奨日程をご案内しています。この定期健診は強制的なものではなく、患者様の意志によるものです。しかし、定期健診を受けている方と受けていない方とでは、残存歯数に差が生じるというデータがあります。

定期健診を推奨しています

研究によれば、高齢になったときの残存歯数の違いは、「むし歯になってから歯医者へ行った」のか「むし歯にならないために歯医者へ行った」のかの違いだということが分かっています。

ご自分の歯をどれだけ長持ちさせられるかは、患者様の意識次第です。たとえ歯が痛くない場合でも良好なコンディションを維持するために、定期健診を受けましょう。


あゆみ歯科のメンテナンス

毎日しっかり歯磨きをしているつもりでも、歯ブラシの届きにくい歯と歯の隙間や、歯と歯ぐきの境目には、プラーク(歯垢)が溜まりやすい場所ができてしまいます。

プラークの中のバイ菌が繁殖すると、やがて歯ブラシでは簡単におとすことのできないバイオフィルム(バイ菌の集合体)となり、放っておくと虫歯や歯周病・口臭・全身のさまざまな病気の原因となります。

あゆみ歯科では、テクニックのある歯科衛生士が、最新の機械を使い、徹底したバイオフィルムの除去を行っています。

1.お口の状態をチェック
◆過去のレントゲン写真なども見ながら、変化がないかチェック
◆歯周ポケット検査
2.ホームケアアドバイス
◆プラークの付着状況をチェック
◆鏡で確認し、歯ブラシで落としてみましょう。

あゆみ歯科の歯科衛生士からのホームケアアドバイス
3.お口のクリーニング(PMTC:専門的機械的歯面清掃)
◆歯の表面や歯周ポケット内の歯石やバイオフィルム(バイ菌の集合体)を、専用の機械を使って除去していきます。
◆歯の表面の着色が強い方は専用の研磨剤を使って落とします。

あゆみ歯科のメンテナンス

バイオフィルムの成熟サイクルは3か月と言われています。3~4か月に一度のメンテナンスを行うことで、非常に効果的にムシ歯や歯周病を予防することができます。セルフケアとプロフェッショナルケアの両輪でこれからも予防していきましょう。

クオリティ・オブ・ライフ

QUALITY OF LIFEとは

QUALITY OF LIFEとは

口腔の健康から全身の健康へ  


「よくかめること」は全身の健康の源です。

歯や口腔(お口の各組織)が健康であることは、十分な栄養と消化の出発点であり、運動機能 の基礎でもあります。

さらに美しく健康的な口元は素敵な笑顔をつくり、私たちの精神的な健康にも貢献します。

単に健康な歯をめざすのではなく、口腔機能を維持させるために健康な口腔、そして 全身的にも精神的にも良好な真の『健康』を目指していきましょう。

それが『生活の質』すなわちQuality Of Lifeを高め、皆様の幸せへとつながるでしょう。

口腔が全身の健康に及ぼす影響

口腔の2大疾患と言われるのが、『虫歯』そして『歯周病』です。

歯の喪失原因の大半を占めています。

歯の喪失本数が多くなると咀嚼能力(かめること)の低下がおこり、残された歯が少なくなると、食べ物を噛むことが不自由になります。それによりやわらかい食べもの中心のバランスの悪い食生活となり、生活習慣病や、その要因とも言われるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)、低栄養を招いたりします。

高齢者では飲み込む機能が衰えていて、誤ってお口の中の食べ物や唾液が気管に入ってしまいます(誤嚥)。

誤嚥が起きた際,お口の中が不潔だと,細菌が肺にまで入り肺炎(誤嚥性肺炎)を引き起こします。

さらにしっかり噛めることは、転倒・骨折予防につながり、介護予防となります。

その他にも、残存歯が減少すると脳機能が低下するとされており、楽しい会話をしながら何でもおいしく食べられることは、認知症の予防にも直結しています。

『咀嚼』という機能を維持すること、健康な口腔を維持することは、全身の健康をも維持することにつながることが明らかにされています。

以下のポイントに注意しましょう

十分な睡眠

十分な睡眠

睡眠不足になると人間の体は抵抗力が落ちますので、細菌に感染しやすくなってしまいます。

またストレスも溜まり、人間の身体にさまざまな悪影響を与えますので当然、歯と口腔の健康にも大きく関係します。

ストレスによって抵抗力が低下するために虫歯菌や歯周病菌に侵されやすくなり、さらにストレスが溜まっていると睡眠時などに気付かないうちに歯ぎしりをしたり、歯を強く噛む事が多くなったりします。

忙しい毎日を送っている方は睡眠不足になりやすく、ストレスも溜まりやすいと思いますが、歯と口腔の健康に限らず健康な身体を保つためにも十分な睡眠をとり、ストレスを溜めない、溜まったストレスは早めに解消するように心がけましょう。

禁煙

禁煙

喫煙者は、非喫煙者に比べて歯周病のリスクが高いというデータが出ています。

タバコに含まれているニコチンやタールが歯肉の血管を収縮させたり、歯肉を構成するコラーゲンの合成を行っているビタミンCを破壊したりするためです。

また、歯肉年齢で言うと、タバコを吸っている人は吸わない人より20年老化が早いといわれています。

タバコは歯周病の症状を悪化させ、タバコを吸っている限り歯周病は治らないとさえ言われていますので、歯周病を予防し、完治させるためにはぜひ禁煙しましょう。

適度な運動

適度な運動

運動と歯と口腔の健康はあまり関係ないように思えますが、運動不足だと血行が悪くなり、歯肉を通る血管の血流も悪化し、不健康な歯肉となってしまいます。

衰えた歯肉は歯周病にかかりやすく、また、進行も早くなってしまいます。

全身の血行を良くするためにも、毎日の適度な運動を心がけるようにしましょう。

食生活の改善

食生活の改善

バランスよく食べることは、健康の源です。さまざまな食品をなんでも食べられるためには、20本以上歯があることが必要と言われています。

生活習慣病世代(壮年期)の食生活で具体的に気をつけることとして、「よくかんでゆっくりと食事をすること」がすすめられています。

しかし、壮年期は仕事優先となりやすく、「わかっていても無理」と言い訳しながら栄養の偏ったものを、不規則に摂取することが多くなりがちです。

働き盛りの年代には難しいこととは思いますが、「食べることは生きること」と理解し、少しずつ改善しましょう。