ガイデッドサージェリーとは、患者様のCTデータをもとにコンピュータ上でインプラントを埋入する位置を決定し、その治療計画通りにインプラント手術を完了させるため、サポートの役目を担う「サージカルテンプレート」(手術用補助器具) を作成して手術を行うことです。


ガイデッドサージェリーによる治療計画

ガイデッドサージェリーによる治療計画

ガイデッドサージェリーのメリット

  • 最初から穴を開ける位置が決まっているため、埋入時間が短縮できる
  • 術前のシミュレーション通りに安全・確実なインプラント手術を行うことができる
  • インプラントを埋め込んだ日に仮歯をつけて帰宅できる場合もある

ガイデッドサージェリーによる インプラント治療

ガイデッドサージェリーによる
インプラント治療


ガイデッドサージェリーを用いたインプラント治療例

患者:76歳、女性

 「下の入れ歯が痛くて噛めない。インプラントで美味しく食事がしたい」

① 初 診 時



初診時
初診時
初診時
インプラントの治療計画

インプラントの治療計画

治療計画に基づいて製作された サージカルテンプレート

治療計画に基づいて製作された
サージカルテンプレート

② 手  術


サージカルテンプレートを用いて、計画通りに埋入されたインプラント

サージカルテンプレートを用いて、計画通りに埋入されたインプラント


インプラントを埋め込んだその日に仮歯をつけて帰宅

インプラントを埋め込んだその日に仮歯をつけて帰宅


③ 治療終了後
治療終了後
治療終了後
治療終了後

 💬 患者様の声

「友人と一緒に外食に行っても、以前はみんなと同じものを食べられなくてつらかった。今は固いものでも何でも食べられるようになり、本当にうれしい。自信がついた。」